シルバーアクセサリー / Dr MONROE【ドクターモンロー】公式サイト | アクセサリー修理:ウォッチリングの傷を綺麗に修理しました。
オリジナルジュエリーブランドDr MONROE/ドクターモンロー公式サイト。1990年の創業以来『愛』『平和』『自由』『平等』『勇気』をテーマに品質にこだわったオリジナルジュエリーを製作しています。
シルバーアクセサリー,名古屋,栄,矢場町,メンズ,ドクターモンロー,Dr MONROE,ジュエリーショップ,オーダーメードジュエリー,結婚指輪,婚約指輪,マリッジリング,ジュエリー,オーダーメイド,オリジナルデザイン,オーダー,リング,ペンダント,ネックレス,ブレスレット,バングル,イヤーカフ,ピアス
24773
post-template-default,single,single-post,postid-24773,single-format-standard,ajax_updown_fade,page_not_loaded,,large,shadow2

BLOG

 

アクセサリー修理:ウォッチリングの傷を綺麗に修理しました。

20 4月 2019, by STAFF in アクセサリー修理

オーダーメイドやカスタム、サイズ直しや修理などもできます。
  
こんばんは、
名古屋は栄のメンズアクセサリーブランド
ドクターモンローの辻ですよ。
  
  
ドクターモンローでは、
自分のところの製品に限りですが
購入していただいたお客さまの
アクセサリーを無償で研摩しています。
  
  
ご来店いただいたときに、
言ってもらえばピカっとなるのです。
  
  
中には、
「真っ黒になったのがピッカピか!!」
と驚く方もいます。
  
  
で、
どうやってあれをやっているのか?
ってことなんですけどね。
  
 
バフっていう機械で
研磨しておるのです。



  
  
バフは最終研摩で使うのですが、
傷が多かったりする場合は
バフだけではすぐに綺麗になりません。
  
  
今回は、
傷まるけだったリングウォッチを
金やすりで表面を削って研摩したので
その工程をご覧ください。
  
  
  
  
  


研摩をする前

ドクターモンローのウォッチリング


正面。
ちょっと傷が入っていますよね。
  
  
これぐらいの傷であれば、
丁寧に削ればデザインが変形するような
ことはあまりないので大丈夫です。
  
  
リング側面。
ちょっと傷が多めですね。

ドクターモンローのウォッチリング


  
リングの後ろ。
結構な勢いでリングの後ろがキズキズです。

ドクターモンローのウォッチリング


  
  
これぐらい傷があると
サンドペーパーだけでは
綺麗にはならないのでヤスリがけです。

磨く前に、
まずはガチャっとリングウォッチを開けて
ムーブメントを取り出します。

ドクターモンローのウォッチリング

これで準備はOK。
  
  
  
  


削ってきれいにしていきます。

ウォッチリングをやすりで削る

まずは金ヤスリで。
正面の箇所は文字が入っているので
細かいヤスリで丁寧にかけていきます。
  
  
リングの後ろ側のあたりは、
粗目のヤスリでゴリゴリと。
  
  
そのあとは、
サンドペーパーで
ヤスリの傷が残らないように研摩。

ウォッチリングを紙やすりで削る

研摩の順番は、
粗目→細かい目
の順番でしていきます。
  
  
サンドペーパーは
今回は600番→1000番。
※家に600番しかなかった。
  
  
そうすると
こういう感じで光ってくれます。

ウォッチリングをやすりで削ったあと
ウォッチリングをやすりで削ったあと

 
写真だと鈍い光り方してますが、
実物だとまだまだ商品としては
出せないぐらいの光り方です。
  
  
   
  


ここからさらに細かく研摩します。

ウォッチリングをさらに研摩

セラミックポイントを使って
研摩をしていきます。
  
  
このあたりの研摩の仕方は
人それぞれで結構違ったり。
  
  
セラミックポイントなどは
いっさいかけない方もいます。

  
  
まあやりやすい方で
研摩できればOKです。
   
   
こんな感じで光っています。

ウォッチリング、研摩あと
ウォッチリング、研摩あと2


が、
ここからさらに
ステンレスブラシで磨くのが
ワタクシ好きなのです。

ウォッチリング、研摩ブラシ
ウォッチリング、研摩ブラシ2

なぜなら、
最終研摩のバフという
機械で作業するのが
  
  
  
嫌いだから。
  
  
  
なのです。
なので1秒でも早く、
バフでの作業をなくすために
細かく研摩をしていきます。

  
  
このステンレスブラシをかけると、
細かい箇所まで磨けます。
  
  
いぶし具合がなじんだり、
消えたりするので
そういう箇所は気を使います。
  
  
だいぶキレイになってきたので、
それではバフにいきましょう!

ウォッチリング、研摩ブラシあと
ウォッチリング、研摩ブラシ後2


  
  
 
  



最終研摩。

バフっていうのは、
ようはモーターの力で
布が高速回転しているやつで、
それに研磨剤着けてあてる。

 最終研摩ウォッチリング


ってただそれだけなんですが、
これが神経を使うので
あまり好きではないのです。
  
  
この段階で、
穴とか出てくることも
まれにあるのです。
  
  

   
「まじかよ、くそ!」
  
  

   
となるわけですな。
  
  
どんな感じかは、
こちらのツイートをどうぞ。

研摩後のウォッチリング。

ウォッチリング、ばふがけあと

で、
無事に研摩してそこから
研磨剤のカスを取って完成。
  
  
うーん、
美しいですな。
  

ドクターモンローウォッチリング
ドクターモンローウォッチリング
側面もキレイです。
ドクターモンローウォッチリング
後ろの傷もなし。


このような工程を経て、
シルバーアクセサリーや
ジュエリーというのは作られているのです。
  
  
とは言っても
繊細に扱うことはないです。
  
  

   
特にシルバーリングなどは
傷ができてくすみなども
味ともいえるようになります。

  
  

   
なので、
好きなように着けてあげてくださいね。
  
  
ある程度の変形や傷であれば
綺麗にすることもできちゃいますからね。

ウォッチリングの他の画像はここをクリック↓

ドクターモンローのウォッチリング


      

  

人気の記事:

https://dr-monroe.co.jp/archives/23514
目標を高く持つ男への熱いメッセージ

    

大人気のイヤーカフスまとめ。

https://dr-monroe.co.jp/archives/24135
三角形のイヤーカフスもあります。

     

気軽にアクセサリーをカスタムオーダー。

https://dr-monroe.co.jp/archives/24512
小さい石を入れるなどプチカスタムもOK。

    

     

お問合せ:

     

Dr MONROE本店
〒460-0008
名古屋市中区栄3-33-30 T.Oビル3F

TEL
0522597005

12:00 – 20:00(月~金)火曜定休
11:00 – 20:00(土、日、祝)


   

LEAVE A COMENT

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください