シルバーアクセサリー / Dr MONROE【ドクターモンロー】公式サイト | アクセサリー修理:ブレスレットのクリップのバネリペア
オリジナルジュエリーブランドDr MONROE/ドクターモンロー公式サイト。1990年の創業以来『愛』『平和』『自由』『平等』『勇気』をテーマに品質にこだわったオリジナルジュエリーを製作しています。
シルバーアクセサリー,名古屋,栄,矢場町,メンズ,ドクターモンロー,Dr MONROE,ジュエリーショップ,オーダーメードジュエリー,結婚指輪,婚約指輪,マリッジリング,ジュエリー,オーダーメイド,オリジナルデザイン,オーダー,リング,ペンダント,ネックレス,ブレスレット,バングル,イヤーカフ,ピアス
31815
post-template-default,single,single-post,postid-31815,single-format-standard,ajax_updown_fade,page_not_loaded,,large,shadow2

BLOG

 
ブレスレットのクリップのバネ修理

アクセサリー修理:ブレスレットのクリップのバネリペア

27 5月 2020, by STAFF in アクセサリー修理

ドクターモンロー名古屋本店の辻です。
クロムハーツのようなブレスレットや
キーチェーンのクリップのバネ修理を
よくやっています。

 

今回はブレスレットのクリップの
バネ修理をしました。

ブレスレットのクリップのバネ修理

参考修理費用は4000円+税。
納期は約1週間になります。

 

今すぐに修理のお見積りや
相談をしたい方はこちらから
どうぞ。

LINEでの問い合わせ https://line.me/R/ti/p/%40yfv4601z

お問いあわせのページへ https://dr-monroe.co.jp/inquiry

ドクターモンロー名古屋本店

TEL 052-259-7005
(タップしたら繋がります)

店頭への持ち込みも大歓迎です。

 

 

ブレスレットのクリップのバネ修理前:

ブレスレットのクリップのバネ修理前

バネが壊れるとこのように
開きっぱなしになります。

 

ブレスレットのクリップのバネ修理前

くすんでいるのですが、
修理する際に綺麗に研摩も
一緒にされます。

 

ブレスレットのクリップのバネ修理前

こういう風に開いてもとに
戻らなくなるんですね。
中のバネが折れてしまっています。

 

ブレスレットのクリップのバネ修理前

クリップの中を解体をして
バネを新しく入れ直して修理します。

 

 

ブレスレットのクリップのバネ修理後:

ブレスレットのクリップのバネ修理後

ちゃんと戻るように修理できました。

 

ブレスレットのクリップのバネ修理後

裏面のこのポッチみたいなのを
取り外して解体して修理をします。

 

ブレスレットのクリップのバネ修理後

磨きも入っているので
修理前よりも綺麗になっていますね。

 

ブレスレットのクリップのバネ修理後

これで新しい気分で
身に着けることができます。

 

このようにブレスレットのクリップも
修理をすることができますので、
壊れたままのものがあれば
ぜひご相談くださいね。

ブレスレットのクリップのバネ修理

直って着用できると、
買ったときのような喜びが
また湧き出てきますよ。

 

お問合せやお見積りなどは
こちらからどうぞ。

LINEでの問い合わせ https://line.me/R/ti/p/%40yfv4601z

お問いあわせのページへ https://dr-monroe.co.jp/inquiry

ドクターモンロー名古屋本店

TEL 052-259-7005
(タップしたら繋がります)

店頭への持ち込みも大歓迎です。

 

 

この他のクリップのバネ修理

キーチェーンのクリップのバネ修理

キーチェーンのクリップのバネ修理 https://dr-monroe.co.jp/archives/31089

キーチェーンのクリップのバネ修理です。

 

クロムハーツのクリップのバネ修理

クロムハーツのクリップのバネ修理 https://dr-monroe.co.jp/archives/31043

クロムハーツのキーチェーンの
クリップのバネ修理です。

 

LEAVE A COMENT

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください