シルバーアクセサリー / Dr MONROE【ドクターモンロー】公式サイト | 3年越しのリバティースカル
オリジナルジュエリーブランドDr MONROE/ドクターモンロー公式サイト。1990年の創業以来『愛』『平和』『自由』『平等』『勇気』をテーマに品質にこだわったオリジナルジュエリーを製作しています。
スカル,自由の鐘,リバティーベル,震災,ドクターモンロー,シルバーアクセサリー,スカルリング
12194
post-template-default,single,single-post,postid-12194,single-format-standard,ajax_updown_fade,page_not_loaded,,large,shadow2

BLOG

 

3年越しのリバティースカル

10 7月 2014, by KAZ 【カテゴリー】 デザイナーズブログ, デザイン, ドクターモンロー, メンズジュエリー, リング, 新作

GOD’S IN HIS HEAVEN, ALL’S RIGHT WITH THE WORLD.
( 神は天に在り。世は全て事も無し )
*ロバート・ブラウニング

“Pippa Passes” (ピッパが行く) という劇詩の中に出て来る歌の一説で“赤毛のアン”“新世紀エヴァンゲリオン”等にも引用されています。解釈は生まれ育った環境、今現在おかれている状況によって感じ方は人それぞれなので押し付けるつもりはありませんが、この作品群に関していえばそのデザインも含め、“案ずるより生むがやすし”“人事を尽くして天命を待つ”的な解釈として引用しました。世の中、舐めてかかれば大怪我しますがビビッてばかりでも何もできません。リング内側には“閉塞感からの解放”の意味も込めてリバティーベル(自由の鐘)が隠れモチーフとして埋め込まれています。

FC-261-BACK-2

ごく一部の方はご存じかもしれませんが、実はこのアイテムのマスターピース自体は3年以上前に出来上がっていました。2011年SSモデルとして作っていたものです。2008年からのリーマンショックですでに世の中は不況、派遣村やらリストラやらが話題になっていた時期だと思います。出口の見えない不況による閉塞感と将来に対する不安に被われた社会に対する僕なりの答えとしてデザインしました。震災が起き、急遽チャリティーアイテムの製作や販売計画の見直しなどを優先せざるを得なかったのと、本来の意図にかかわらずビジュアル的に誤解を招く可能性もあったのでリリースの延期を決定し今に至りました。

メッセージを表現するのに一番適したモチーフがスカルだと思い取り入れたのですが、マーケティングの観点からいえば“スカル”も“ごついシルバーアクセ”も今は旬ではないらしいです(笑)。なのでメッセージ性をご理解いただき共感していただけた方のみ手に取っていただければ幸いです。

実はこのシリーズにはもう一つ、リバティーベルをメインモチーフにしたペンダントがあるのですが試作の段階でベルの音がイマイチだったので今回は割愛しました。スタッフの厳しい審査を通過したら追って追加いたします・・・(涙)。

@KAZ

FC262-BR36-1

着用FC262-BR36-2

リング

ショッピングサイトへ→

ブレスレット

ショッピングサイトへ→

 


‐Dr MONROE直営店のご案内‐

 Dr MONROE 本店
DSC_0562
〒460-0008 名古屋市中区栄5-1-33 平子ビル1F
TEL/FAX 052-259-7005 営業時間:11:00 – 20:00
定休日/火曜
Sync Note by Dr MONROE
舳先エレベーター側から⑤
〒530-0017 大阪府大阪市北区角田町7番10号 阪急メンズ大阪5F
TEL 06-6366-0009 営業時間:10:00 – 21:00
定休日/阪急メンズ大阪に準ずる

コメントする

*